なるかわしんご(NarukawaShingo)

えほんとぼく

大切なことは。

time 2015/09/30

大切なことは。

高浜市の中学生対象にした、
ワークショップの講師をしてきました。
まずは、班を作ってもらって
事前にあらすじを4パターン用意しました。

どのあらすじも「困っている」ことを
前提にしてあり、最終的に、
どうすれば「Happyになるのか」
をグループで話あってもらい、
お話を作ってもらいました。

12084148_872290049527377_1958835203_n↑こちらは、
高浜市名物のとりめしを、
営むお店をどう復活させるか。
という『困っている状況』を
イメージして描いた
1枚目。キャラを自分たちで考え、
お話を作りました。
確かに困ってますね(笑)

12087600_872290072860708_1821833240_nこちらも、
とりめし屋をどう盛り上げるかに
物語を付け加えていきます。
エンディングに向かう前の
途中のページ。
お話を読み進めると、4コマのごとく、
絵もリンクしてあって面白い。
僕も勉強になります。

12071393_872290062860709_1206046237_nこちらは、中学校の先生たちが
『他学校の生徒達をどう交流させるか』
という課題に対して、
修学旅行を同時にやるという
豪快なアイデア。
ちなみにエンディング前の1枚。
結末がなかなか面白い。

12083900_872290066194042_379303101_n最後の班は、
村の活気を取り戻すべく、
伝統的な祭りを外に発信して、
村の活性化と
移住の数を増やしていくお話。
(ソーシャル系でも実際ありそうな…)


絵本を作ることを
『目的』にしない。


12047493_872372106185838_1245257793_n

今回は絵本作家という立場で、
ワークショップを行いましたが、
純粋に絵やイラストを描きたいと
思っていた生徒には
物足りなかったかもしれません。
(ごめんね。)

大事にしたかったことは、
絵本を作る過程の中にあって、
僕はそれを伝えに
高浜まで行きました。

今回は、

■グループでやることの意味
(制限時間がある中
でどう完成させるのか)

■現状を把握して、
未来を創造すること
(どういう事をすれば
未来に影響がでそうか)

■相手に伝える為には、
どういう言葉や
絵が必要なのか

ワークショップ中は、
主にはこういったことを、
生徒達に問いかけました。

しかも
ワークショップ中に僕は
一切絵を描きませんでした。


なぜなら、
僕の描いた絵がその時間の間は
強い影響を及ぼし、彼らが
自己表現することを躊躇する
恐れがあったからです。

出来る限り
描きやすい雰囲気を作るのも
講師の役目だと思います。

僕の絵を自分の絵より
高い位置に置かないように。

僕は、

絵の上手、下手
ていう言葉が
好きじゃない。

(誰が決めたのってなりません?)

全然役に立たない指標です。

その指標も結局は
自分が作りだしていますが、

上手、下手や、
大人が作った「美」という意識が
子どもの表現に
ブレーキをかけてしまう

のではないかと。

生徒の中には
絵を描くのが好きじゃない
生徒も出てきます。

そういった場合は
個別で目標や、
役割を変えてあげます。

すると、時間内に
グループとして
何をしたらいいのか
行動するように。

僕は、個別でこっそり呼んで、
褒めるんですよね。

すると、
にしゃーっと笑うんです。

 


一人の人として、
伝えていく。


12067763_872372209519161_377793356_nワークを締めくくるときに
子どもたちへメッセージを送りました。

—————————

絵本を作ることは、
人生(自分)をつくる事と似てる。

過去と今を眺めて、
将来どうしたいのか。

今の自分の事を
分からないなりに、見る・聴く
そして考える。

困ったら、色んな大人を
頼ってほしい。

僕も今まで、沢山の人に
救ってもらった。

だから、僕も君たちに
応えていきたい。

今があまり良くないと思っていた
としてもマイナスに考えずに、

「どうすればハッピーになるか」

を考えていってほしい。

—————————

そんなことを
ワークが終わった後、
お話しました。

僕の言葉が残るかどうか
生徒達の心までは
測れませんが、
真心こめて、伝えてきました。

大人が子どもに
真剣に応えれば、
子どもは伸びていくと
信じています。

 

HOMEへ戻る

お仕事(WORKS)

お知らせ

つれづれ

イラスト

キャラクター

実績・実施先一覧

絵本

講座・講演

自己紹介

なるかわしんご

なるかわしんご

なるかわしんご(絵本作家・イラストレーター) 1989年(平成元年)生まれ、三重県四日市市在住。27歳。中川たかこを師事する。現在はピース・ピースに所属、専門学校の絵本コース講師を務める。影響を受けた作家は、M・センダック、ジョン・バーニンガム、和田誠、宮崎駿など。