なるかわしんご(NarukawaShingo)

えほんとぼく

【後編】LINEスタンプの作り方

time 2015/04/30

【後編】LINEスタンプの作り方

用意するコト・モノ


~【前編】LINEスタンプの作り方~

今回は紹介したソフト(GIMP)で行っていきます、
ざっくり説明するので、
GIMP自体の使い方は
都度調べてください。
決して書くのがめんど・・・
ゴホンッ。
ッンン・・・。

さてさて
簡単な流れですが、

~主な工程~

①トリミング(切取)

②リサイズ(大きさを整える)

③透明化(背景を消す)

④PNG形式で保存

~必要な画像~

スタンプ画像40枚
W 370×H 320 pixel

 メイン画像1枚  
W 240×H 240 pixel

 タブ画像1枚   
W 96×H 74 pixel

NAVERまとめ参照

極力手書きで、
PC作業を減らしたい方はこちら
(※実寸(㎜)をpixelで算出できます。)

①~④まで出来たら、繰り返し。
あとは登録するだけなので、
楽勝です。

 

①トリミング


 

①トリミングⅠ)何個か描いた画像をスキャンして、
GIMPで表示させます。

Ⅱ)1つずつ切り取りを行います。

②トリミング
Ⅲ)切り取ると、それだけが抽出されます。


②リサイズ

③リサイズ
規定サイズにリサイズします。

 


③透明化→④PNG保存

⑥補足透明化の意味「そもそも透明化する必要あるの?」

って話になると思うので、
LINEの表示の際のイメージを作成しました。

切り取ったままだと
見栄えが悪いということです。
(背景が残ってる状態)

※僕のスタンプは、
あえてシールみたいな感じで、
白い枠を残しました。

なるかわしんごのスタンプはこちら

概ね透明化するケースが多いです。

④とりあえずね
アルファチャンネルを追加

消しゴムツール
または
自動選択ツール
(※しきい値調整できると早い)

消したい場所を消す。

⑤透明化透明化サンプルはい、こんな感じになります。
あとはお好みで、線や色つけて・・・

「名前を付けて保存」 

PNG形式で保存

サンプルかなり変りましたね・・・。
(気にしない!)
とりあえずこんな感じです。

※保存はPNGデータで保存してください。
(jpgで保存すると黒背景になるのでご注意)


あとは必要な個数を確保してLINEに登録します。
(銀行口座や個人情報登録必要です。)


最後に

いかがでしたか?
ちょっと省いたので、
分かりくいかも知れませんが、
誰かのスッキリに繋がれば幸いです。

他にも素晴らしい方々が
ネットで先生になってくれているので、
調べれると自分に合った方法が、
きっと見つかると思います。
皆さんが思うほど難しくありません。

この作業ができるようになると、
他の画像作成や合成など応用が利きますので、
一度チャレンジする価値はあると思います。


 

~以下参考・参照~

 ・【前編】LINEスタンプの作り方

・なるかわしんごのキャラクターの作り方

・作者LINEスタンプ

【HOW TO】LINEスタンプの作り方~作成(自作)から販売するまでの3つの手順~

LINEスタンプの作り方(自作)~作成から販売・集客までのポイント

 

お仕事(WORKS)

お知らせ

つれづれ

イラスト

キャラクター

実績・実施先一覧

絵本

講座・講演

自己紹介

なるかわしんご

なるかわしんご

なるかわしんご(絵本作家・イラストレーター) 1989年(平成元年)生まれ、三重県四日市市在住。27歳。中川たかこを師事する。現在はピース・ピースに所属、専門学校の絵本コース講師を務める。影響を受けた作家は、M・センダック、ジョン・バーニンガム、和田誠、宮崎駿など。